老後を快適に過ごすための暮らし方や資金作りについて

65才で退職した後の生活で、何をしたらよいのか分からない事があります。
老後を快適に暮らすためにはどんな暮らし方が出来るのか、資金作りはどうすべきなのかを考えてみましょう。
今から退職後の老後のライフプランをイメージしておくなら、快適な老後を過ごすことが出来るでしょう。

老後を快適に過ごす暮らし方とは?

仕事をしないから快適な老後になる訳ではありません。
何もすることが無い一日というのは、人間にとっては苦痛なものです。
一日中テレビを見ていたり、することが無いので公園やファミリーレストランで時間を潰したりするのは、快適な老後とは言えません。
1週間の内に三日だけでもサラリーマンとして働くことや、NPOなどを立ち上げて社会に貢献する仕事をすることは、老後を快適なものにします。
自治体は様々なボランティア活動に参加する人を求めているので、ボランティアとして一月のうちに何日か活動するのも良いでしょう。
地方に移動してライフコストを減らしながら、新たに農業を始めたり、カルチャースクールで料理を習ったりするのも良いかも知れません。

老後のための資金作りについて

退職した後に、快適な暮らしをして行くには資金が必要です。
老後を迎える前の50代から、どのように資金作りをしていったらよいでしょうか。
10年後には始まる老後を視野に入れて、普段の生活の無駄な出費を切り詰めて貯蓄するようにしていく事は大切です。
例えば、生命保険の補償を必要最低限なものにしたり、住宅ローンを繰り上げ返済して老後に返済期間が食い込まないようにしたりしましょう。
住宅ローンの繰り上げ返済は、ボーナスが出たときに多めに返したり、住宅ローン特別控除を受けるために1月に普段より多く返済したり出来ます。

老後を快適に過ごすためには、日常以外の活動をすることが大切ですし、資金作りは早めに家計を見直して無駄な出費をなくすことが必要となります。
ちょっとした意識で老後の生活は大きく変わるので、より快適な暮らしが出来るように今から出来ることを行っていきましょう。