夫婦で老後を過ごすにはどれくらいの資金を用意しておくべき?

老後の資金がいくら必要かというのは、人によって意見が分かれます。
夫婦で老後を過ごしていくためには、一体どれくらいの資金を用意しておけば良いのでしょうか。

老後資金はいくら必要?

一般的なサラリーマンの平均的な退職金は、2500万円と言われています。
そこに500万円から1000万円ほどの貯蓄資金を合わせれば、物価が変動したとしても対応できると言われています。
ゆとりのある老後を暮らしたいなら、4000万円前後はあった方が良いだろうという意見もあります。
夫と妻が90歳前後まで生きるためには、一月の生活費を20万円とすると、1億円以上の老後資金が必要になります。
しかし、年金で7000万円以上が支給されるので、退職金と貯蓄を合わせて4000万円あれば、ある程度は安心して暮らせるのではないかと考えられているのです。
厚生年金では無く国民年金になると、年金支給額が下がってきます。
平均的な厚生年金の支給額に比べると、国民年金の総支給額は3000万円前後も減ってしまいます。
年金がどれくらい支給されるかも、老後の必要資金を計算するには大切なポイントになります。

みんなが3000万円というのはなぜ?

老後を過ごすために必要な資金の額は人によってばらつきがあります。
しかし、全国平均の老後の支出などを見ると、3000万円が妥当なラインではないかとよく言われます。
なぜ3000万円あれば良いと考えられているのでしょうか。
総務省が調べた家系調査年報によると、全国平均の毎月の支出は24万円です。
厚生年金を受給できると、一月あたり23万円は受け取れるので、月の支出の不足分を補いながら旅行を楽しんだり、もしもの時の医療費を取り分けたりすると、3000万円があると良いと考えられるのです。
しかし、持ち家を持っているなら、毎月の支出は減りますので、3000万円に満たなくても問題ないでしょう。

夫婦で老後を過ごすには、3000万円あれば十分と考えられます。
老後の毎月の支出が24万円以下に抑えられるなら、3000万円も用意しなくても、十分に快適な生活をしていけるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です