老後資金を作るための資産運用おすすめの方法と注意点

経済が上向いている昨今の状況の中にあっても、この先ずっと景気が良いと楽観視できるわけではありません。
年金に頼り切らない老後を送るため、老後資金を作るどんな資産運用の方法があるでしょうか。
今から始められる資産運用の仕方と、注意点をまとめてみました。

40代から始めたい資産運用

40代から資産運用を始めると、老後を迎えるまでに20年から25年の時間があります。
長期の視点から資産運用をすることが出来るので、ローリスクローリターンの資産運用でも、十分に老後のための資金を作ることが出来るでしょう。
ハイリターンの資産運用の方法は、リスクも高いので、投資した資金が戻ってこないと言うことも起こりえます。
株式や投資信託などの資産運用の商品でも、ローリスクのものを優先して選ぶようにしてください。
ローリスクで人気の資産運用方法は、個人向け国債です。
個人向け国債は元本保証されていませんが、満期まで持っておくと、元本割れすることがまず無いので安心です。

50代からでも遅くない資産運用

50代に入ると真剣に老後資金を作るために、資産運用をしていかなければなりません。
資産運用をするためには、退職するまでと退職した後の、支出をきちんと計算しておきましょう。
ある程度の老後の支出が分かると、どれくらいのリターンを資産運用から得るべきかが分かってきます。
50代から評価されている資産運用の方法は、外貨定期や外国債券です。
外貨定期は満期が一ヶ月から選べますが、1年満期のものを選び、多めのリターンを毎年蓄えていくようにしましょう。
外国債券は利息に加えて為替差益というリターンを得ることが出来ます。
安全性の高い資産運用には、外貨MMFもおすすめです。
期間は無期限で運用できますし、いつでも換金したい時に資金を引き出せるというメリットがあります。

資産運用で注意すべきポイント

老後の資金を作るために注意すべきポイントは、10年や20年などの長期投資を行うことです。
長期投資という点を意識すると、ハイリスクハイリターンの危険な投資から離れていることが出来ます。
50代から資産運用を始めても、老後までにまだ10年から15年の時間があります。
ローリターンの投資商品の中で、安全性の高い資産運用方法を選びましょう。
分散投資をすることも覚えておきたいポイントです。
一つだけに資産を集中するのでは無く、同じ投資商品でも、違う種類を選ぶようにしてください。
投資する資金は、無くなったら困るお金ではなく、無くなっても生活に支障が無い余剰資金で行いましょう。

老後資金を作る資産運用は、40代や50代から始めていくことが出来ます。
個人向け国債や外国国債、そして外国MMFなどが老後資金を作るための資産運用に人気の方法となっています。
今から出来る資産運用を安全に始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です