老後を過ごすための資金が足りない場合の選択肢はある?

老後を過ごすための資金が足りない時に、資金を用意するためのどんな選択肢があるのでしょうか。
出来るだけ多くの選択肢を持っておいた方が、資金が足りない時に焦って、リスクの高い投資に手を出したりしないよう守られるでしょう。

住み替えを検討する

子供たちが独立した後に、維持費のかかる一軒家や部屋数の多いマンションから、小さな家へ住み替えることを検討できるかも知れません。
実際50代の人が都心部のマンションに住み替える割合が、昔よりも2倍に上昇しているようです。
都心部のマンションに住み替えると、駅が近かったりスーパーや病院も近かったりするので、交通費などのライフコストを削減できます。
歩いて行ける範囲に、生活に必要な場所があるというのは大きなポイントです。
長年住んだ大きな家やマンションはリフォーム費用が必要となりますので、早めに新しいマンションに住み替えるのは、中期的に見て出費削減になります。
結果的に老後のための資金を残しておくことが可能になるのです。
住み替えを検討する場合は、「失敗しない不動産売却」で紹介されているような不動産一括査定サイトを利用すると、今住んでいる家やマンションを高値で売却することができるので、是非活用しましょう。

無駄な保険を省く

高額な死亡保障などが保険に付いている時には、見直すことが出来るでしょう。
子供が独立した後は、死亡保障はそこまで高額にする必要は無いからです。
幾つかの保険に入っているなら、保険の重複にも気をつけてください。
個人賠償責任保険などは、いくつもの保険でカバーされていることがあります。
一つの保険でカバーされていれば十分ですので、他の保険は解約するか、安いプランに変更するように出来ます。
住宅ローンを始めた時に団体生命信用保険に入りますが、この補償内容と民間の保険の補償内容がかぶっている事があります。
二重で同じ補償がなされていないか確認しましょう。

老後に収入を得られるようにする

65才になった後の収入があるようにするなら、足りない資金の埋め合わせが可能になります。
40才頃から毎月の収入分の20パーセント程度を、個人年金に回すことが出来るでしょう。
個人年金の効率を高めるためのコツは、払い込みの満了年齢を早めることと、受給開始の年齢を遅らせることです。
満了年齢と受給開始年齢の間に空白を設けることによって、返戻率を上げることが出来るのです。
個人型確定拠出年金に加入する場合は、年間の掛け金が一定の金額以内までは非課税となるので覚えておきましょう。

老後を過ごすための資金が足りない時には、あせらずに今からできることを始めましょう。
家の住み替えを検討したり、入っている保険のすべてを見直して重複している補償を解約したりしてください。
賢く資産を運用して、老後の資金を作り出していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です